歯のホワイトニングでのメリット・デメリット

歯を効果的に白くするホワイトニング。ミュゼホワイトニングを始める前にホワイトニングのメリットとデメリットを知っておきたいところです。ここではホワイトニングのメリット・デメリットをホーチミンのありが歯科が解説します。

ホワイトニングのメリット

歯のホワイトニングのなによりも大きなメリットは、歯が白くてきれいであれば清潔な印象を保てることでしょう。就活やオーディション、結婚式などのイベント、婚活などのためにホワイトニングをして人生がガラリと変わるひともいます。歯を自然な白さにできますし、徐々に歯を明るくしていけるので周りの人から見ても違和感がありません。最近ではオンライン会議などでモニターに自身の顔が映るため歯の色が気になり、ホワイトニングを希望される方も多くいます。

歯のホワイトニングは、歯に薬剤を注入して本来の白さを取り戻す施術です。天然歯に効果がありますが、セラミックや被せ物には色の変化が望めません。

ホワイトニングの施術1回でどれだけ白くなるかについては個人差がありますが、3~5段階くらいまでです。目的の白さに向けて、何度か施術を行います。3~4回くらいの施術で「白くなってきた」という実感を持てる患者様が多くみられます。

ホワイトニングのメリットのまとめ

  • オフィスホワイトニングでは、ポリリン酸ホワイトニング剤と特殊な光線を使用するため、1回の施術でホワイトニング効果が得られることが多い。
  • ポリリン酸の効果で歯の強化にもつながる。
  • セルフホワイトニング(エステや歯磨き粉など)ではできない白さを手に入れられる
  • 施術中にしみるといった症状が出たとしても、対応する処置ができる
  • ホワイトニング前に虫歯のチェックや歯周病のチェックをすることで、自分では気づかなかった虫歯の早期発見や治療につながることがある
  • 事前に歯石やプラークの除去をすることで、口内環境の改善や歯周病の予防効果が期待できる.

ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングのデメリットとして挙げられるのが後戻りと料金があげられます。一度、歯を白くしても永久に白いままというわけではなく、喫煙や食習慣を改善しなければ再び着色汚れがつきますし、時間の経過とともに後戻りします。また、知覚過敏の傾向がある人は薬剤がしみることがあります。また、費用面でも負担が多くなります。ミュゼホワイトニングでは一般的な日本のホワイトニングに比べて安い価格帯で受けられ、後戻りも少ないのが特徴です。

他には1回の施術で目的の白さにはならないという点が挙げられます。ホワイトニングの最初は過度な期待をしてしまうので、ご自身で思ったより白くならなかったという印象を持ちがちです。

ホワイトニングのデメリットのまとめ

  • 多くの場合、全額自己負担のため、オフィスホワイトニングではホームホワイトニングやセルフホワイトニングと比べて費用が高くなることが多い。
  • 使用するホワイトニング剤の濃度が高いため、人によっては「しみる」といった症状が出ることが可能性がある。
  • ホワイトニングの前に虫歯の治療や歯石の除去を済ませなければならないことがあるため、希望するタイミングで施術を受けられないことがある。
  • オフィスホワイトニングでは短期間で白い歯を手に入れられるが、後戻りもある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。